車を乗る人に必須な任意保険

任意保険は車に絶対に必要

車に乗る人であれば任意保険についてご存知だと思います。
任意保険は事故に合った時にとても便利な保険です。
入っておくのと入っておかないのでは随分と違うので、必ず入っておきましょう。
これは新車を買うにしても中古車を買うにしても一緒です。
車に乗っていれば事故を起こす確率は誰でも一緒です。
安全運転だから大丈夫というわけではなく、安全運転でも事故を起こす時は当然あります。
もしかしたら被害者側になることもあるかもしれません。
もし自分が加害者で、相手に後遺症が残るほどの怪我、または死亡させた場合は億単位の賠償金を請求されることとなります。
億単位のお金なんて当然用意できませんが、それが賠償金なので払っていくしか方法がないのです。
しかし任意保険に入っていればそのお金は保証されます。
月々きちんと保険料を納めることと、億単位の賠償金を一生かけて払っていくことを考えれば任意保険に入るという選択肢を選ばざるをえないでしょう。
入っておいて損はないので、車に乗るのであれば必ず任意保険に加入してくださいね。

 

高値で下取り!

中古車を買う時の任意保険に入るタイミングはいつ?

保険の開始日の設定を忘れずに

中古車を購入する際、店舗によっては任意保険の説明があると思います。
そういった店舗は代理店での契約となるので、ダイレクト保険に比べて保険料が少し高くなる傾向にあります。
この任意保険はいつ入るのがいいかというと、契約だけは納車の一週間前くらいに済ませておきましょう。
保険開始日はこちらで設定できますので、納車日を保険開始日にすれば保険料の払い過ぎなんてことはまずありません。
ただ忘れないようにしたいのがこの保険の開始日です。
初めて契約する人にありがちなのが、他の点に目を向けることに精一杯になり、保険開始日の指定をうっかり忘れてしまうことです。
そのまま契約してしまうとすぐに保険が適用され、保険料を多めに支払うことになります。
契約の際は必ず開始日を設定しましょう。
上記にも書きましたが、代理店での保険よりもネットのダイレクト保険の方が値段は安く設定されています。
もし保険料を安くあげたいというのであれば、ダイレクト保険を利用することをおすすめします。
代理店で直接契約した方が安心できるのであれば、代理店での契約がいいですね。